かわべー半端帖

kawapei.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 15日

アイルランド&マルタ旅行 2日目②

ガトウィックに降り立ったのは9年ぶり。前回はロンドンからモロッコに飛んだんだったよなーと懐かしさがこみあげてくる。でも感傷にひたるひまもなく南ターミナルへ急ぐ。モノレールはカートのままで利用できて大変便利。数分で南ターミナルへ。
早速ライアンエアー(以下FR)のチェックインカウンターへ。すでに30人ぐらいの人でカウンター前は長い列。カウンターは2つしか開いてないけど、すぐに順番来ると思っていたけど、結局30分以上かかる。途中からは「リヴィエラを撃て」を読んで時間をつぶす。
今回利用するFR1183便はガトウィック 15:00 → シャノン(アイルランド)16:25というフライト。ライアンエアーは格安航空会社として知られており、僕が今回WEB予約した運賃は2.99ポンド(≒600円)。信じられないような値段。空港税6.75ポンドのほうが高い(笑)。何もかもを節約しているので、チェックインするにも航空券などはなく、6桁の予約番号を言ってパスポートを見せるだけ。荷物は預けれるのが15KG。機内持込が10KGまで。恐ろしく時間がかかったわりに自分のチェックインだけは1分もかからず、搭乗券を受け取り、少し空港見学。もうそろそろ中に入ろうとしたところで、航空券をしっかり見たら。な、なんと座席はOPEN(自由席)だった(笑)。自由席の飛行機って、ミャンマー以来だ。まぁ、ミャンマーでは自由席で尚且つオーバーブックというえげつないシチュエーションだったけど。搭乗券にはゲートの記載もなし。さすがだー。
昔はイギリスの出国審査なんて、パスポートをちらっと見るだけだったけど、今回は初めて写真を撮られ、バーコードのシールを搭乗券に貼られる。あれ?でも前後の人は撮られていない…。よくわからないまま…。さてモニターでゲートでも確認するかと見てみるとGATEのところには唯一自分の乗る便だけが「PLEASE WAIT」の表示。DELAYかも、と悪い予感。搭乗券にはボーディングタイム14:20となっているのだけど結局ゲートがわかったのは14:40.
是非窓側の座席を確保したかったので、ゲートへ急ぐ。でもこれが格安航空会社への嫌がらせなのかよくわからないけどとんでもなく遠い。5分は歩いた。そしてようやく先程写真を撮られた意味がわかる。バーコードに画像を残しておいて、それを読み取って本人確認をするためらしい。この便に乗る人全員がチェックされていたから。急いで移動したので、ゲートには名誉の銅メダルで到着。先頭に近くに並ぶ。そしてすぐに搭乗開始。まずはご老人や体が不自由な方。そして子供連れ。さぁ、いよいよ自分が乗れると思ったら、なんと整理番号順。若い順番に1~30番から搭乗ゲートへと無情のアナウンス。僕、96番なんですけどー(涙)。この整理番号はどう見てもチェックインの順番ではなさそう。ということは値段?テンションが目に見えて落ちていくのを実感した瞬間だった。
[PR]

by kawapei | 2005-07-15 02:46 | 旅行 ヨーロッパ


<< アイルランド&マルタ旅行 2日目③      アイルランド&マルタ旅行 2日目① >>